燃料コラム|バイオ燃料、是か非か

運送事業で使うのはほんの少し先

ここまで述べたように、バイオディーゼルについては、クリアすべき課題がまだあり、その普及時期については、まだ先になりそうです。

一方、乗用車向けの燃料であるバイオガソリンについては、日本国内でも徐々に浸透してきています。関東を中心として、バイオガソリンを販売するガソリンスタンドが増えてきているのは、その一端を表しています。

下図は、
石油連盟による2007年度以降のバイオガソリン販売の見通しイメージです。


こちらは、2010年度には本格導入を開始し、全国展開を進める見通しです。

トラック業界でバイオディーゼルが普及する時期は、早くとも、乗用車向けのバイオガソリンが普及した後になることは間違いありません。その後、バイオガソリンと同様に、将来的にはバイオディーゼルも普及してくることでしょう。

2008年10月17日
■関連記事
>>荒波に立ち向かう中小の運送業者【運送Net】
>>エコドライブ【運送Net】
>>燃料改質器【運送Net】


■関連情報
>>運送Netでバイオディーゼルを調べる!
>>ディーゼル燃料の製造・販売企業
>>バイオガソリン取扱いSS(サービスステーション)都道府県順一覧
>>運送Netに参加する!
>>運送業者を手配する!

前のページへ戻る

TOPページへ戻る

1 2 3